幼児教育 英語

[英語教育] ブログ村キーワード

英語の幼児教育方法は費用の掛からない順に

・買い切り型の教材
・通信教育
・英語幼児教室(幼児向け英会話教室)
・ディズニーの通信教育(DWE)

があります。

買い切り型の教材というのはこういう通販や店頭でかえる教材です。

CDツイン いーっぱい!英語のうた全60曲

↑これは英語のCDで、
英語のリスニング力をつけるためのもの


こっちは単語を覚えるのに効果的な教材

Sスカラスティック サイトワードリーダーズ



【通販教育】
通信教育の幼児英語は「こどもちゃんじイングリッシュ」などが有名。
ここから資料請求するとこどもちゃれんじイングリッシュの教材トライアルセットがもらえます


こどもちゃれんじ

※通常のこどもちゃんじの資料請求をすると英語教材トライアルセットもついてきます。

費用目安は
3000円前後/2ヶ月
程度。


【英語幼児教室】
英語幼児教室はCMで有名な「イーコラボ」などがあります。
イーコラボの運営は小学館なので信頼できます


小学館の英語教室「イーコラボ」

費用目安は月8000円~1万円/月
程度


【DWE(ディズニー英語システム)】
ディズニーDWEは通信英語教材の中でも別格の高さで、値段は公式HPには掲載されていませんが20万円前後~100万円前後までの価格帯になるようです。


【簡単なまとめ・感想】
金銭的に問題がないならやはり英語教室に通うのが一番じゃないかと思います。
英語を聞くだけでなく相手の問いかけに応じて英語で返すというのは、いい意味で脳にかなりの負担になり、脳の発達に良い影響があるでしょうから。

幼児教育 ブログ

幼児教育について書かれたブログ記事を読みたい、という場合は以下の3つをチェックすると効率的にブログを見つけられると思います

1つめ
ブログ村の「幼児教育」検索結果
幼児教育を実践しているママさんが書いてる記事もありますし、幼児教育サービスを提供している側の人が書いている記事もあります。


2つめ
アメブロの「幼児教育」検索結果
※アメブロはページ下の方の「ブログ記事の検索結果」以下に表示されているブログが、記事内に「幼児教育」の単語が含まれたブログです。


3つめ
はてなブックマークでの「幼児教育」検索結果
はてブの検索結果は「はてなブログ」だけでなくニュース記事も含んでいるので検索結果の質はちょっと低いかも

幼児教育 大学

幼児教育が学べる大学(保育士、幼稚園教諭、小学校教諭などの資格取得がめざせる大学)の一覧はここから見れます

https://shingakunet.com/gakumon-search/shiko_gd010/gakumon_g1050/?koshuL=daitan
ソース:スタディサプリ 進路
※リクルート運営サイトなので情報の正確性については信頼できます


個人サイトですが偏差値ランキングサイトもあります
(幼児教育・保育学部がある大学の学科偏差値ランキング)

http://daigakujyuken2.boy.jp/yokyohoiku.html

国立トップスリーは
神戸大学の子ども教育学科(偏差値67)
新潟県立大学の子ども学科(偏差値59)
愛知県立大学の教育発達学科(偏差値59)


私立トップスリーは
東京家政大学の児童学科(偏差値61)
國學院大學の人間開発学部(偏差値58)
明治大学の教育発達学科(偏差値58)

でした。
※2018年1月31日現在。


保育士・幼稚園教諭・小学校教諭といった資格を取るには保育学、心理学、幼児の発達発育への理解、実習などが必要になります。

幼児教室の先生って保育士や幼稚園教諭の資格を持ってる事が多いですが(資格必須にしている幼児教室多い)それってけっこうすごいことかも。